エンドレスハウザーグループ

ニュース

イベント情報

エンドレスハウザーの世界へようこそ!

製品ツール

製品およびサービスに関するお問い合わせ

E-direct ショップ

E-direct 製品とは機能を厳選して、コストを抑えた製品群です。仕様選定が容易でシンプル、お値打ち価格でもエンドレスハウザーの確かな技術の製品がインターネットからもご注文いただけます。
下記リンクより、E-direct 製品の専用サイトにアクセスください。

E-direct ショップ
夜間の石油・ガス精製所

機械式計測機器に代わる優れた代替品

安全性と信頼性の向上およびメンテナンスコストの削減

最初に設置したときは、機械式計測機器は良好に作動します。しかし、機器が経年により寿命に達すると、メンテナンスコストが増加します。貴重な時間が設置機器のメンテナンスに費やされています。お客様のプロセスの安定は、機械式計測機器に依存します。しかし、中断は完全な生産稼働停止につながる可能性があります。その結果、金銭的な損失が発生し、安全性および信頼性が下がります。そのような事態を避けるには、経年劣化した機器の交換が重要です。

4,100

US$/ 時

は、液体流速2.0m / s、標準DN 50 /ライン、流速約15,000l /時間、0.30USD$ / lと仮定して、プロセスを完全に停止するための価格です。

ターミナルの経営管理

エンドレスハウザーの提供するサービス

エンドレスハウザーの使命は、お客様の拠点がどこであっても、お客様をサポートし、サービスを提供し、お客様のプロセスを最適化することにあります。私たちはプロセスの知識や技術的な経験に基づき、統一された手法で明確な手順に沿って、お客様のために適切な作業を行います。当社の機器ならびにソリューションとサービスは、お客様の迅速な決断の助けとなります。当社の提供するサービスの特長は以下のとおりです。

  • API 2350 安全推奨規格に準拠

  • エンジニアリング、設定時間、およびメンテナンスコストの削減

  • プロセスの可用性と信頼性の向上

  • 生産量の増加 - 総所有コストの削減

  • プルーフテストの実施間隔は最長12年

プロセス図で安全性向上の方法をご覧ください

  • 精製プロセスのプロセスフロー図 ©Endress+Hauser

    精製プロセス

  • 製油所の蒸留塔のプロセスフロー図 ©Endress+Hauser

    蒸留塔

  • 製油所の減圧蒸留塔のプロセスフロー図 ©Endress+Hauser

    減圧蒸留塔

  • 貯蔵と輸送のプロセスフロー図 ©Endress+Hauser

    貯蔵と輸送

  • 保税タンクの静的測定ーのプロセスフロー図 ©Endress+Hauser

    保税タンクの静的測定

  • 保税タンクの動的測定ーのプロセスフロー図 ©Endress+Hauser

    保税タンクの動的測定

  • 化学物質を保管しているタンクのオーバーフロー防止システム -   パラメーター付きプロセスフロー図 ©Endress+Hauser

    自動操作が可能なインテリジェントなシステムがタンクを安全に監視し危険物質のオーバーフローを防止します。

アプリケーション

蒸留塔  

製油所のすべての主要プロセスの基本は炭化水素の加熱と部分蒸発です。原油混合物の種類が環境仕様に適合しつつ、原油蒸留塔の供給量を最大にすることが不可欠です。最新のレベル計を使用することによって、費用のかかる稼働停止を回避できます。ガイドレーダー式レベル計(Levelflex)は密度や温度の変化からの影響を受けないため、ディスプレーサに代わる信頼のおける代替製品です(API2350機能安全性基準に準拠)。.

製油所の蒸留塔の写真

減圧蒸留 

減圧蒸留における周囲温度の変化によって測定の信頼性が低下することがあります。機械的衝撃や熱衝撃でキャピラリが4 ~ 6か月に1回は破損します。不完全な測定に起因するダウンタイムは、電気式差圧システムなどの信頼性の高いテクノロジーによって回避できます。システムの構造と設計により、プロセス安全性のリスクが最小限に抑えられます。

減圧蒸留塔のガイドレーダー式レベル計の写真

貯蔵タンク

フロートは、コスト面で優れているためレベル測定アプリケーションで使用されることが少なくありません。しかし、フローとの信頼性は密度変動の影響を受ける上に、時間と共に付着物が形成される傾向があり、精度低下または測定不能になることがあります(かみ込み/ブロック)。 これにより定期的な洗浄や分解が必要になるためメンテナンス費用が高く、プルーフテストは困難で時間がかかります。フロートを振動式リミットスイッチに交換して、可用性と安全性を手に入れましょう。

  • メンテナンス、チェック、および洗浄にかかる時間を短縮

  • SIL3機能搭載の自己監視機器(API2350機能安全性基準に準拠)

  • プルーフテストの実施間隔は最長12年

製油所に並ぶ貯蔵タンク群の写真

燃料移送 

かつて一部のアプリケーションにおいて最適なあるいは唯一のソリューションだった容積式(PD)、タービン、面積式(VAまたはロタメーター)、差圧式(DP)などの従来の流量計テクノロジーは、もはや唯一の選択肢ではありません。現在では、特にプラントのプロセス向上が必要な場合に、渦、超音波、コリオリなどの最新の流量計テクノロジーにより、一段と信頼性の高い選択肢が提供されます。

  • 本質安全 

  • 配線工事のコスト削減

  • 優れた性能、メンテナンスの労力が軽減

  • 質量流量を直接測定

お客様のプラントにコリオリ流量計を設置するエンドレスハウザーの従業員の写真

エキスパートの紹介

利点

エンドレスハウザーは、常にお客様の利益を念頭に置き、イノベーションの精神に則って活動しています。当社はプロセス安全性を確保した最高のソリューションをお客様に提供します。エンドレスハウザーの経験豊富なエンジニアチームが、重要な測定点に適切な計測機器の設計や選定をお手伝いします。私たちはお客様との関係の継続に重きを置き、長期にわたってお客様に寄り添います。

273

2016年にエンドレスハウザーは273件の特許を取得しました。

50%

電気式差圧式計測機器により総所有コストを50%できます。

1000万台

世界中に1000万台以上の導入実績

成功事例