Try searching by key words, order- or product code or serial number e.g. “CM442” or “Technical information”
Enter at least 2 characters to start the search.

保税タンク用高精度レーダーレベル計

貯蔵管理に特化して開発された保税タンク用高精度レーダーレベル計

NMR80シリーズは、タンクファームでの設置を前提としてサーボ式液面計やタンクサイドモニタと共通のプラットフォームで開発された、貯蔵管理アプリケーション専用の高精度レーダーレベル計です。
保税タンクに設置される温度計や圧力計の信号を取り込み、上位管理装置にオープンプロトコルであるModbusやエンドレスハウザー独自プロトコルV1通信で伝送することを可能にしています。
タンクに直接設置するNMR81と内筒管に設置するNMR84をご用意しています。

Benefits

  • 非接触で液面を測定

  • 同じタンクに設置される温度計の信号や圧力計の信号を取り込んで、オープンプロトコル、独自プロトコルに変換して上位装置へ伝送が可能

  • サーボ式液面計、タンクサイドモニタと共通で開発

  • 耐候性に優れた堅牢なステンレス製ハウジングを選択可能

非接触で液面を測定

NMR80シリーズは測定に電波を利用し、測定物と接触することなく液面を測定します。
測定物に接触せずに測定を行うため、地震が発生したときに、測定用のセンサなどが故障することや内部構造物と接触する心配がありません。もちろん、測定物の粘性、腐食性、付着性の影響もありません。
NMR81は80GHzの電波を利用し、タンク内の空間に電波を放射して液面を測定。
NMR84は内筒管専用アンテナを保持し、内筒管に設置をして液面を測定。
いずれのタイプも基準条件下で精度±0.5mmを実現し、NMiやPTBの校正証明書を添付して、出荷可能です。

同じタンクに設置されるフィールド機器の信号をまとめて上位に伝送

NMR80シリーズは、HART信号入力、RTD入力、デジタル信号入力をオプションで選択可能です。これらの入力に接続されたフィールド機器の測定値やステータス信号などをオープンプロトコルであるModbus通信や弊社独自プロトコルであるV1通信に変換して、PLCなどの上位装置や専用受信器に伝送することが可能です。すなわち、NMR80シリーズをゲートウェイとして使用することも可能です。
また、HART信号を経由して内部パラメータにアクセスすることも可能であり、独自プロトコルであるV1通信を使用したHARTトンネル技術によっても内部パラメータにアクセスすることが可能です。

レーダーレベル計 Micropilot NMR81 - タンク直接設置用 ©Endress+Hauser

Micropilot NMR81:タンク直接設置用タンクゲージレーダーレベル計

レーダーレベル計 Micropilot NMR84 - 内筒管設置用 ©Endress+Hauser

Micropilot NMR84:内筒管設置用タンクゲージレーダーレベル計

レーダーレベル計 Micropilot NMR84 - ステンレスハウジングモデル ©Endress+Hauser

Micropilot NMR81:ステンレスハウジングモデル

  • Simple products

  • Easy to select, install and operate

Technical excellence

Simplicity

  • Standard products

  • Reliable, robust and low-maintenance

Technical excellence

Simplicity

  • High-end products

  • Highly functional and convenient

Technical excellence

Simplicity

  • Specialized products

  • Designed for demanding applications

Technical excellence

Simplicity

Variable

FLEX selections Technical excellence Simplicity
  • F
  • L
  • E
  • X

Fundamental selection

Meet your basic measurement needs

Technical excellence
Simplicity
  • F
  • L
  • E
  • X

Lean selection

Handle your core processes easily

Technical excellence
Simplicity
  • F
  • L
  • E
  • X

Extended selection

Optimize your processes with innovative technologies

Technical excellence
Simplicity
  • F
  • L
  • E
  • X

Xpert selection

Master your most challenging applications

Technical excellence
Simplicity

Variable