高度な診断機能により予知保全を可能にするレベルスイッチ(国内防爆対応)

Bluetooth通信、点検レポート自動作成、腐食・付着診断による予知保全機能搭載

最新型のレベルスイッチLiquiphant FTL51Bは機能安全規格であるIEC61508に準拠して設計・開発された信頼性の高い機器です。様々なインテリジェント機能を搭載し、プラントの安全性向上と可用性確保を両立します。また、定期点検作業の省力化、予知保全によるトラブル回避をサポートします。

Benefits

  • Bluetooth通信機能によりスマートフォンやタブレットから機器へのアクセスが可能

  • 音叉部の振動周波数モニタリング機能により腐食・付着・劣化を検知、予知保全をサポート

  • 点検レポートの自動作成機能により定期点検時の作業量を軽減

  • 国内防爆認証取得済

安全計装の規格であるIEC61508 に基づき設計・開発された高い信頼性

プラントの安全性を向上させる方法として信頼性の高い安全計装機器の採用があります。Liquiphant FTL51Bは機能安全規格IEC61508に基づき設計・開発され、単体でSIL2、冗長化でSIL3を取得した信頼性の高いレベルスイッチです。

Bluetooth通信機能により汎用モバイル機器からリモートアクセスが可能

Liquiphant FTL51BはオプションでBluetoothモジュールを搭載でき、危険場所への設置が可能です。エンドレスハウザーが提供するSmartblueアプリ(無償)をダウンロードすれば汎用のスマートフォンやタブレットから機器に遠隔からアクセスできます。

予知保全による計測の安定

Liquiphant FTL51Bは音叉部の振動周波数をいつでもチェックすることができます。工場出荷時の値と比較することで、音叉部への付着や腐食を把握することができ、トラブルが起こる前に保守作業を実施することが可能になります。

点検作業の軽減

プラントの定期点検時に機器を取り外すことなく、機器の動作確認を実施し、健全性をチェックすることが可能です。また点検結果を自動でドキュメント化することができます。

Liquiphant FTL51B - Smartblue ©Endress+Hauser

Bluetooth通信機能によりスマートフォンやタブレットから機器へのアクセスが可能

Heartbeat Technologyによる腐食検知により予測メンテナンスが可能

Bluetoothモジュール搭載のLiquiphant FTL51B ©Endress+Hauser

Bluetooth®テクノロジー搭載の新しいLiquiphant FTL51

Liquiphant FTL51Bのバリエーション ©Endress+Hauser

さまざまなアプリケーション用に幅広い製品バリエーションが用意されています。