HACCP義務化への対応は十分ですか?

食品・飲料製造における最適な機器

HACCP法令義務化にあたり、今後の管理業務増加の対策として汚染リスクを最小限に抑えたデザインの機器や、高い精度の校正サービスを紹介します。

Benefits

  • 汚染リスクを削減

  • 計測機器の品質信頼性の向上

  • トレーサビリティを確保

約50%のリコールは微生物学的汚染に起因します

サニタリデザイン機器により、溜り構造を無くし汚染原因を削減できます。また必要以上の洗浄作業・作業回数・薬液使用量の削減も可能です。


Food safety in a globalized world 参照

汚染によるリコールコスト(米国企業例):

  • 48%:約9億円

  • 29%:約10~29億円

  • 9%:約30~49億円

  • 9%:約50~99億円

  • 5%:約100億円以上

ハイジェニックデザイン機器で安全・品質・効率の最適化:最高峰の洗浄性デザイン

©Endress+Hauser

ハイジェニック電磁流量計 Proline Promag H 100は、ライフサイエンスおよび食品&飲料産業の非常に厳しい要件を持つアプリケーションに最適のセンサです。非常に小さい変換器ハウジングを採用したことにより、小さい設置面積で最大のパフォーマンスを提供します。

その他のハイジェニックデザイン機器:

食品の安全性と品質基準の遵守

プロセス計装を仕様の範囲内に維持するためには、定期的な校正が不可欠です。エンドレスハウザーは、タイムリーでトレーサビリティが確保された、コスト効率の高サービスを明瞭かつ簡潔な校正証明書とともに提供します。

エンドレスハウザーの校正サービス

カタログダウンロード:

HACCPと記録の重要性

©Endress+Hauser

HACCPにより製品の製造工程に用いられる計測機器にもトレーサビリティが要求されています。

製品のトレーサビリティの鍵はシームレスなデータ記録にあります。エンドレスハウザーのデータマネージャを使用すると、記録されたプロセス値はわかりやすく表示され、安全に保存されます。

参考リンク:
HACCPに基づく衛生管理について(厚生労働省リンク):計測、記録の重要性。
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000161543.html
  
加工食品における食品安全管理の推進(農林水産省リンク):FSSC22000
http://www.maff.go.jp/j/seisan/gizyutu/gap/g_kaigi/290529/pdf/sankou-siryou3-1.pdf