在槽モニタリング - 企業全体

複数のプラントや現場の在槽情報を本社にいながらにして集中モニタリング

最近ではコストを削減して新しいビジネスチャンスに手を広げる必要性が増しており、各企業は新しい領域への進出を図っています。リアルタイムの在槽情報を世界中で収集できれば、既存の材料ストックの活用はもちろん、固定化した在槽コストを削減することによって真の利益をもたらす最高のチャンスを手にすることができます。エンドレスハウザーのローカルインタフェースとSupplyCareがあれば、お客さまは正確な情報をリアルタイムで取得し、社内のどこにいても、重要な意思決定を行うことができます。

社内のどこにいても在槽情報を集中モニタリング

エンドレスハウザーのソリューションでは、タンクの在槽量を地域別に合計することや、全タンクの総量を算出することができます。これがあれば、サプライチェーンマネージャに権限を戻し、彼らが十分な情報に基づいて論理的な意思決定を行うことができるようにして、世界中の各設備で最高の性能と精度を維持することができます。

複数のプラントや拠点の在槽情報を集中モニタリング ©Endress+Hauser
©Endress+Hauser
©Endress+Hauser
©Endress+Hauser

ダウンロード