製油所

製油所におけるプロセス品質モニタリングのための、自動検証システムを統合したガス分析ソリューション

プロセス効率と水素品質を最適化するための製油所ガス中の成分と不純物の測定

製油所燃料ガス中の硫化水素(H2S)

製油所燃料ガスは、軽質炭化水素の回収物で、海外では環境規制を満たすために燃焼後の SO2 の代わりに燃焼前に燃料ガス中の H2S 度が監視されています。代表的な測定レンジ: 0-300 ppm.

従来のアプローチ

  • オンラインガスクロマトグラフィー(GC) は、キャリアガスの消費量が多く、頻繁なメンテナンスと校正が必要となります。

  • 酢酸テープアナライザーは、有害廃棄物に分類されているテープを処分するためにメンテナンス上特別な取り扱いが必要となる消耗品を使用しています。

エンドレスハウザーのソリューション

SpectraSensors独自の「差分TDLAS」 による正確な測定は、定期的な自動2点検証により、燃料ガス組成の変動への対処に役立ちます。

ガス分析ソリューションに関する詳細なアプリケーションノートを参照ください。

代表的な分析物質と測定レンジ

  • 分析物質: H2S - 測定レンジ: 0-10 to 0-300 ppmv

  • 分析物質: H2O - 測定レンジ: 0-10 to 0-500 ppmv

プロセス効率と水素品質を最適化するための製油所ガス中の成分と不純物の測定