冷却システムのためのスマートエネルギーソリューション

効率を監視することで冷却システムの性能を改善

冷却エネルギーは多くの産業において、総エネルギーコストの中で非常に大きな割合を占めています。このため、エネルギー消費量を少し減らすだけでも大幅なコスト削減につながります。効果的な測定を行うには、様々な動作条件でのシステム特性を知っておくことが前提条件となります。エンドレスハウザーのスマートスケールエネルギーソリューションは、お客様のコスト削減をお手伝いします。

1. 冷却システムの効率

冷却効率を評価するには、全システムコンポーネントの影響度を数値化し、それを計算に含める必要があります。モニタリングは次のことを行うのに役立ちます。理想的な作業点でのシステムの評価および実行。システムの効率のベンチマークテスト。メンテナンス要件の指摘。

2. システムの漏れ

常時モニタリングを行うことで傾向を検出し、発生しつつあるエラーを顕在化することができます。吸引圧力と排出圧力のモニタリングによる冷媒の漏れの検出はその好例です。
• 途切れや漏れを検出し、解消することにより、システムを高い信頼性のもとで効率よく実行し、システムの寿命を延ばす

  • 漏れによるシステムトラベルの発生を回避する

  • メンテナンスや予定外のダウンタイムを減らす

3. エネルギー消費量

製品単位あたりまたは1 m³および1年あたりの冷却エネルギー消費量を厳密に測定することは、システムの効率評価と生産プロセスの最適化に欠かせません。このデータを分析することにより、コストに重大な影響を与える負荷を明らかにすることができます。さらに、そのデータは二酸化炭素排出量の評価に使用できます。

冷却アプリケーション - パラメータ

©Endress+Hauser
冷却システムに設置された電磁流量計 Promag 50 ©Endress+Hauser
冷却システムに設置された圧力伝送器 Cerabar S ©Endress+Hauser
冷却システム - プロワールによる窒素流量計測 ©Endress+Hauser
冷却システムのためのスマートエネルギーソリューション ©Endress+Hauser
雪と氷に覆われたガス配管 ©Endress+Hauser

ダウンロード