HART - 実証されたプロセスオートメーションへの適性

エンドレスハウザーをプロジェクトパートナに採用してHART機器の運用効果を増大

HARTは、世界規模の非常に大きな設置実績のある工業規格です。HARTは「スマート通信」技術です。同じ1対のケーブルで4 ~ 20 mAのアナログ信号とデジタル通信が同時伝送されます。

現在ほとんどの用途において、HART信号は機器のパラメータ設定にしか使われていません。しかし、適切なツールを使用すれば、連続した機器のモニタリングやリアルタイム機器診断、多変数のプロセス情報を新旧機器で利用することができます。

HARTの利点

© 2013 HART Communication Foundation, all rights reserved

HARTの可能性を、エンドレスハウザーと一緒に引き出しましょう。

  • 20年以上の豊富な経験と技術

  • 各種HART計測機器

  • 高度な診断とインテリジェントな多変数機器

  • シンプルな設定および機器管理

  • 制御システムへの統合が簡単

  • 補助ハードウェアおよびハンドヘルド端末

  • 全世界でサービスとサポートを提供

機器の統合

HART機器が提供する測定データを制御システムに統合する基本的方法は次の3つです。

  • 4 ~ 20 mA信号の 1対1 接続

  • リモートI/ OまたはHARTマルチプレクサ経由での、上位バスシステム(たとえばPROFIBUSなど)への接続

  • HART I/ OカードへのHARTマルチドロップバス接続

最後の2つの場合に限り、完全な機器情報を制御システムで使用することができます。

機器の操作と管理

HART機器情報(パラメータ、ステータスなど)には次のツールなどからアクセスできます。

  • 機器タイプごとにいわゆるDTMを必要とするFieldCareなどのFDTフレーム

  • 次のようなDD/ EDD操作ツール Field Xpert SFX350/SFX370ハンドヘルド端末 アセット管理ソリューション(AMS) プロセス機器マネージャ(PDM)

エンドレスハウザーは、そのすべてのHART機器用にDTM、DD、EDDを提供し、これらを前述のツールに統合しています。

HART – 機器管理のソリューション

© Endress+Hauser
HARTテクノロジーによるプロセスオートメーション © 2013 HART Communication Foundation, all rights reserved
HARTテクノロジーによるプロセスオートメーション © Endress+Hauser
HARTテクノロジーによるプロセスの自動化 © Endress+Hauser
FDT技術を用いたプラントアセットマネジメントシステム(FiedCare) © Endress+Hauser
プラント資産管理システム(Siemens Process Device Manager - PDMなど)はDD / EDD技術を使用します。 © Endress+Hauser
プラントアセット管理システム(Emerson AMS - Asset Management Solution)は、DD / EDD技術を使用します。 © Endress+Hauser
Endress+Hauser - 信頼のおけるデジタル通信パートナー © Endress+Hauser

ダウンロード