2 文字以上を入力して検索を開始してください。

DCSを変更せずにHART信号を活用

4-20mAはDCSへ、HART信号をMemographに取り込むだけで、簡単にHART信号を活用

データマネージャ Memograph M RSG45はHART信号を入力可能な記録計です。既設のフィールド機器が4-20mA HART出力機器であれば、DCSに入力されている4-20mA信号の配線とRSG45のHART入力端子を並列に接続するだけで、HART信号を取り出すことが可能です。
そのため、高額なDCSのHART入力モジュールやソフトウェアの変更を行うことなく、フィールド機器のHART信号を監視、記録が可能となります。
RSG45を使用して、フィールド機器のHART信号を活用しませんか?

利点

  • DCSの更新不要 - 配線を追加するだけでフィールド機器のHART信号を活用可能。

  • フィールド機器が出力するHART変数を自由に選択して監視可能。

  • RSG45をゲートウェイにして、フィールド機器の内部パラメータにアクセス。

  • Heartbeat対応機器と組み合わせるとフィールド機器のHeartbeat機能を利用可能。

DCSを更新せずにRSG45を追加するだけでHART信号を活用可能

弊社のフィールド機器のほとんどの製品で4-20mA HART信号出力を選択可能ですが、HART信号を活用するためには、HART信号を入力可能な機器を用意する必要があります。フィールド機器がDCSやPLCに接続されている場合、これらの機器を更新するためには、多額のコストを必要とすることが予想されます。
データマネージャ Memograph RSG45は、DCSやPLCに接続された4-20mAの配線と並列にHART信号入力端子に配線を接続するだけで、フィールド機器のHART信号のみを読み取ることが可能です。例えば弊社電波式レベル計であれば、レベルの測定値以外にHART変数に測定距離、電波の反射強度、端子電圧、電子モジュール内の温度などを割り当てて出力することが可能です。これらのパラメータを確認することによって、測定の信頼性や機器の健全性を監視することが出来ます。またHART信号に対応していないDCSやPLCに対しては、ModbusRTU/TCPで再出力することができ、診断パラメータなどを取り込むためのゲートウェイとしても機能します。

RSG45をゲートウェイにして、機器の設定や診断が可能

RSG45はEthernetポートおよびウェブサーバ機能を搭載しているため、IPアドレスを割り当てることによって、離れた場所からデータの確認や設定の変更が可能です。
また、RGS45に接続されたHART信号対応のフィールド機器にもネットワーク経由でアクセスが可能です。弊社が提供しているFieldCareやDeviceCareを利用してRSG45に接続されたフィールド機器の内部パラメータや診断機能にアクセスすることが出来ます。
例えば弊社の電波式レベル計であれば、RSG45を経由して設定の変更だけでなく、電波式レベル計の反射波形の観測も可能です。またHeartbeat検証機能を利用することも出来ます。

データマネージャ Memograph M RSG45 ©Endress+Hauser

HART信号を入力可能な記録計:データマネージャ Memograph M RSG45

イメージ:RSG45とレーダーレベル計の結線例 ©Endress+Hauser

RSG45とレーダーレベル計の結線例