ポンプおよびスタッフの安全確保

適切な計装システムの採用によりポンプの信頼性向上とリスク低減が実現します。

石油化学製品の製造工程には、多数のポンプや関連ポンプシステムが存在します。これらの重要なシステムは、多くのエネルギーを消費し、修理や交換の際には多大な費用がかかります。小規模なプロセスでは、ポンプの性能が流体の移送プロセスおよびユーティリティの安全性と信頼性を決定します。ポンプシステムに数個のセンサを追加することで、ポンプの作動効率を高め、重大化する前に問題を検知することを可能にします。これは、人命を守ることにもつながります。

ポンプシステム内のポンプには一般的に必要な計装システムが装備されていません。装備されていたとしても、有用な情報収集には適していない場合があります。ポンプはプロセス制御システムから出力されるオン/オフまたは目標値の動作コマンドに単純に応答するように設計されています。一方、プロセスエンジニアはプロセス流量の制御方法としてスロットル値を使用したいと考えます。どのようにしてポンプの信頼性および安全性を高めるための適切な情報を得ることができるのでしょうか?

センサによる状態監視が信頼性の要となります。

プラントの稼働中は、プロセスの変更、あるいは機器の損傷や摩耗に対処する必要があります。しかし、ポンプ性能に関する対処の影響は、どのように確認できるのでしょうか? 時間経過による劣化は必ず起こります。適切な対策を講じなければ、摩耗が加速する危険性もあります。エンドレスハウザーは、必要な情報を提供できる適正なセンサを導入できるよう、お客様のポンプシステムへの計装システム実装や計装システム改造をサポートします。計装システムの採用が、信頼性の向上とコスト節減に寄与します。

安全のためには信頼性が重要

エチレンオキシドは危険な流体であり、プラントや人員のリスク状況を検知する計装が必要です。例えば、ポンプ内のエチレンオキシドの過熱は、化学分解の暴走につながることがあります。冗長化されたセンサおよび複数の運転停止起動プログラムを備えた安全システムは、このような状況を検知して対処します。当社の IEC 61508 SIL 対応センサは、機能安全規格に準拠する安全な運転停止ループに組み込むことができ、 問題が重大化する前に検知します。

偶然による安全ではなく、必然的な安全

エンドレスハウザーはお客様のパートナーであり、当社の知識豊富なスタッフがお客様のスタッフおよび会社資産を守るためにポンプ性能や安全監視設計を改善するサポートを提供します。安全は偶然に委ねるものではなく、獲得するものです。

  • 最高水準の製品群、安全規格適合のポンプ監視計装、情報提供システム

  • 信頼性の高いコンポーネントとの組み合わせ

  • 熟練技術者によるサービスを世界中で提供

ポンプ保護対策の詳細については、こちらをご覧ください。

タンクの底部付近に設置されたレベルスイッチ ©Endress+Hauser

タンクの底部付近にレベルスイッチを設置することで、ポンプがNPSHa状態に達してキャビテーションを誘発することを防止します。

空検知(EPD)付きスイッチ ©Endress+Hauser

空検知(EPD)付きスイッチがポンプの空引きを防止します。

イーサネット/IPフィールドバスに組み込まれた変換器の診断データに直接アクセス ©Endress+Hauser

技術者はノートパソコンまたはネットワークステーションを使用して、イーサネット/IPフィールドバスに組み込まれた流量、レベル、圧力、温度変換器の診断データに直接アクセスできます。