2 文字以上を入力して検索を開始してください。

コスト節減に役立つ設備改善

無線技術を使ったベアリングの損傷を検知するための温度監視

プロセスが最適なレベルで稼働しているか確認することはどの企業でも関心があります。製造システムが停止する事態が発生すると、修理の費用だけでなく、機会損失など結果としてかなりの損害を招く可能性があります。Ilsenburger Grobblech GmbH社は、ロールネックベアリングの温度の記録を、WirelessHARTを使用することで短時間で実装し、プラントの可用性を最適化することに成功しました。

利点

  • ベアリングの摩擦損傷を検知

  • 予知保全の導入

  • 非常に高価なベアリングの摩擦保護

システムトポロジー図 ©Endress+Hauser

お客さまの抱える課題

Ilsenburger Grobblech社の四重式圧延スタンドは、鋼スラブを直接再形成する2本の作業ロールと転造圧力を作業ロールに伝達する2本のバックアップロールで構成されています。四重式圧延スタンドの最大圧延荷重は80,000 kNです。この使用環境は、ロールネックベアリングにとっても非常に厳しいものです。ロールネックベアリングは、上部および下部バックアップロールの作用側と駆動側にあります。

このベアリングはMorgoil® 摩擦ベアリングと呼ばれています。潤滑油管でMorgoilベアリングに必要な潤滑剤の供給を行います。この管路の入口と出口では、温度を監視する必要があります。この温度差が大きくなった場合、これはベアリング内部の摩擦が増加していることを示すものであり、損傷につながる可能性があります。しかし、圧延スタンドの周囲の条件では、必要な温度センサをしっかりと配線することは困難です。

エンドレスハウザーのソリューション

温度測定のために、溶接サーモウェルと交換可能な変換回路付きのTR15測温抵抗体が使用されました。これらは、過酷な産業アプリケーションにおいて、すでに多くの使用実績があります。各温度センサには、WirelessHART規格に基づいて無線データ伝送を可能にするアダプタが取り付けられました。

設置スペースの制約および無線通信が制限される可能性があることから、温度センサにアダプタを直接取り付けることは推奨されませんでした。そのため、アダプタは分離して設置され、ケーブルを使って温度センサと接続しました。アダプタはデータ伝送だけではなく、接続された機器にアダプタ内蔵のバッテリーから電源を供給します。

  • シンプルな製品

  • 選定、設置、操作が簡単

技術的卓越性

シンプルさ

  • 標準的製品

  • 高い信頼性と堅牢性、容易なメンテナンス

技術的卓越性

シンプルさ

  • ハイエンド製品

  • 高性能で高い利便性

技術的卓越性

シンプルさ

  • 特殊仕様の製品

  • 要件の厳しいアプリケーション向けに設計

技術的卓越性

シンプルさ

高い柔軟性

FLEX セレクション 技術的卓越性 シンプルさ
  • F
  • L
  • E
  • X

Fundamental セレクション

基本的な測定要件に対応

技術的卓越性
シンプルさ
  • F
  • L
  • E
  • X

Lean セレクション

コアプロセスの要件に対応

技術的卓越性
シンプルさ
  • F
  • L
  • E
  • X

Extended セレクション

革新的な技術でプロセスを最適化

技術的卓越性
シンプルさ
  • F
  • L
  • E
  • X

Xpert セレクション

最も困難なアプリケーションにも対応

技術的卓越性
シンプルさ

高い柔軟性