革新的な技術によるバイオプロセスの生産性の向上

技術革新は生産性の向上およびOperational Excellenceを実現するための原動力

ライフサイエンス産業は現在、ブロックバスター医薬品の特許期間が終了するという問題に直面しています。採算性を維持するには、グローバルなレベルでの製造とコスト意識が重要です。製造プロセスを改善するために、Operational Excellenceプログラムが世界中に広がっています。その目的は、リスクを低減し、品質を損なわずに生産性を増大させることです。こうした中、革新的なソリューションがますます要求されるようになっています。

お客様の選択肢

新技術の開発によって、ライフサイエンス産業の製造オペレーションは、効率的なサービスコンセプトとバイオプロセスの高い生産性の恩恵を受けます。実際の製造プロセスを開始する前に、純水および配水に注意する必要があります。信頼性の高い統合された校正コンセプトが、プラント可用性を最適化するための基礎になります。

  • 流量測定

  • 導電率監視

  • 簡単かつ迅速な校正

  • 分析校正の複雑さを低減

  • 自己診断機能および容易な検証

バイオプロセスの生産性を向上

アプリケーション

純水プロセス2

安全かつ連続的な最高品質の水製造

微生物汚染を防ぐため、水を流し続ける必要があります。流速は2 m/秒を下回らないようにしなければなりません。こうした理由から、流量測定は非常に重要であり、重要な測定点を校正する必要があります。Heartbeat Technologyには信頼性の高い自己監視および検証機能があり、特に、連続プロセスにおいて校正手順の最適化をサポートします。これは、プラント可用性と生産性の向上に直接つながります。

  • Promass F 100:さまざまなプロセスコンディションにおける高精度測定用流量計

配水1

薬局方に適合する水質

導電率は純水および注射用水の配水ループにおける主な品質特性の1つです。常に、薬局方が定義した制限に適合する必要があります。温度補正されていない低範囲の導電率測定が基本的要件となります。法規制を確実に遵守するためには、配水ループにおけるシステム校正が効率的な方法となります。

  • Condumax CLS16D:純水および超純水を使用するサニタリアプリケーション向けデジタル電極式導電率センサ

当社製品ラインアップをご確認ください

利点

エンドレスハウザーの従業員と協力して、Operational Excellenceを獲得し純水および配水プロセスの生産性を向上させることが可能です。私たちの知識と経験をお客様の目標達成に役立てます。

  • 70 %

    Heartbeat Technologyにより、10年間運転中の校正コストを削減

  • 100 %

    業界規格および規制に準拠

  • 7,000件以上

    エンドレスハウザーは7,000件以上の特許取得および特許出願を行っており、生産性の向上に貢献します。