エンドレスハウザーグループ

ニュース

イベント情報

エンドレスハウザーで働くということ

製品ツール

製品およびサービスに関するお問い合わせ

E-direct

E-direct 製品とは機能を厳選して、コストを抑えた製品群です。仕様選定が容易でシンプル、お値打ち価格でもエンドレスハウザーの確かな技術の製品がインターネットからもご注文いただけます。
下記リンクより、E-direct 製品の専用サイトにアクセスください。

E-direct
泡沫浮選や濃縮などの採掘プロセスを改善

採掘分離プロセスの改善

適切な計装により、浮選や濃縮などのプロセス収率を最大化

鉱石品位の低下は、採掘事業にとって重大な課題です。もちろん、原料から最大限に抽出するための濃縮や浮選などのさまざまなプロセス技術が存在しますが、これらの方法はエネルギー、化学薬品、そして水を消費します。つまり、収率とコストのバランスを保つには、抽出プロセスが最適なレベルで実行される必要があります。特に市場や価格の変動が激しい場合は、これが喫緊の課題となります。

35%

鉱業における生産性の損失

これは、国際コンサルティンググループのマッキンゼーによる調査結果です。彼らは、2004年から2014年の間に世界の鉱山の生産性の約3分の1が失われたと述べています。

McKinsey Study on the productivity of the mining industry.
採鉱の最適化

最大限に活用

浮選や濃縮は、現代の採掘分離プロセスでは基本的なステップです。しかし、多くの可変要素が相互に関連し合うため、最適な分離を達成することは、困難な課題です。どちらのプロセスでも化学薬品が使用されますが、これがコストを押し上げる要因の1つです。また、地域によっては非常に貴重な資源である水も大量に使用するため、これらの地域のプラントでは最初に海水の淡水化などのプロセスで水を生成する必要があります。

  • 浮選タンクの泡沫界面ソリューション

  • 回収率と品質が向上

  • 脈石の残留が減少

  • 化学試薬の添加が最適化

  • 利水が改善

採掘抽出の最適化に関する詳細

  • 採掘抽出プロセスを最適化 ©Endress+Hauser
  • 泡沫浮選 ©Endress+Hauser
  • 濃縮槽 ©Endress+Hauser

アプリケーション

浮選の最適化

浮選は金や銅などのさまざまな採掘プロセスで、500ミクロンまたは35メッシュよりも小さな鉱物粒子の回収に使用されます。原料の流量および密度測定、泡沫高さ、泡沫および液体スラリーの界面の正確な特定、液体のpHおよびEh、化学試薬の添加および品質、泡沫気泡品質、および撹拌に使用する場合は気流などが、プロセス効率にとって最も重要なパラメータとなります。

鉱山の浮選セル

泡沫レベルと泡沫/パルプの界面

泡レベルと泡沫/パルプの界面は、プロセスの重要要素の1つです。タンク上部に機器を設置できる場合は、2つの超音波センサを接続できるProsonic界面測定変換器を、PTFEコーティングされた円錐形フロート、テフロンロッド、ターゲットプレートから成るシステムと組み合わせて使用すること推奨します。1つのセンサが泡表面までの距離、2つ目のセンサがターゲットプレートまでの距離を測定し、その差が泡高さとなります。

浮選泡沫レベル測定。

化学試薬の添加

乾燥固形分、供給速度、泡沫高さは、キサントゲン酸塩、発泡剤、pH改良化学薬品の添加制御ループのフィードフォワード信号として使用できます。Promass Iコリオリ流量計は、これらのパラメータを入力することが可能であり、極めて精度の高い添加を実現します。そして、ユニークなPromass Heartbeat Technologyにより、オペレータはパイプラインの腐食や粘着性のある付着物に加えて、粘度、密度、温度といった試薬の品質を監視することもできます。

鉱山での浮選

濃縮槽の改善

濃縮は、重力による沈殿によって液体から縣濁粒子を分離する方法です。鉱物供給流がスラリーとして中央フィードウェルを通って濃縮槽に入ると、 固形物はタンクの底に沈殿します。液状化学凝集剤を添加すると、この沈殿プロセスは加速されます。濃縮槽を効果的に制御するには、層塊量、層レベル、アンダーフロー密度および流量、凝縮材注入およびオーバーフロー清澄度の6つを測定することが重要です。

鉱山の濃縮槽。

層レベル計

層レベル計または高さ計は、凝縮剤注入速度を制御します。また、凝集剤注入プロセスの有効性に関するフィードバックを提供します。さらに、流動層の表面プロファイルを表示したり、清澄液体オーバーフローに運ばれる固形物について早期警告を出したりすることができます。層レベルを適切に測定するために、水中ソーナー技術が用いられます。

濃縮槽内の層レベル計。

層塊量分析

在槽層塊量が円錐部またはタンク排出口での圧力測定値から推定され、 それに基づいてアンダーフローポンプ速度が制御されます。この圧力の測定に最適なのは、セラミックダイアフラム付きの圧力センサを用いる方法です。固体粒子の塊は一般的に研磨性が高いからです。この測定では、存在する汚泥および液柱の圧力が記録されます。

層塊量分析

     

  • 鉱業におけるIIoTについて - エンドレスハウザーエキスパート Jenish Gheewala

利点

低収率やOPEXコスト、メンテナンス作業の高額な費用など、お客様が抱えている抽出プロセスの課題に関わらず、深い産業知識を持った当社のコンサルタントがプロセス改善方法を的確に導き出します。過去60年に渡り、当社のコンサルタントはお客様と共に、当社の産業分野向けに最適化された計装ラインアップによって目覚ましい成果を達成してきました。

50%

化学薬品使用量を50%削減

90%

メンテナンスに必要な時間を90%短縮

1000万台

世界中に1000万台以上の導入実績