迅速な改善校正プロジェクト

改善スケジュールを順守するため、24日間で流量計50台の検証とサービスを実施

シンガポールを拠点とするこのポリマーメーカーは深刻な課題に直面していました。2018年初めにメンテナンスのための稼働停止が予定されていましたが、生産要求の都合上、許された最大の停止期間はわずか24日間でした。このプロジェクトの大きな課題の1つは、2012年~2013年に購入および設置された50台の重要な流量計の校正であり、これを、エンドレスハウザーが成功に導きました。

夜間の化学プラント ©Endress+Hauser

特長

  • 5年間使用した重要な流量計50台の最初の校正

  • 検証と校正のための停止期間はわずか24日間

  • エンドレスハウザーの幅広い校正ノウハウに対する信頼

  • 予定通りに完了させるため、修理工場と現場での作業の組み合わせ

お客様の抱えていた課題

同社の改善プロジェクトの計画担当者は、50台の流量計の使用を停止し、洗浄して再校正しなければならないため、スケジュール目標を達成できないと懸念していました。それぞれの流量計は少なくとも5年間使用されていたため、計画担当者は一部に修理が必要になると予想していました。同社が通常使用している第三者のラボでは、特定の校正技術要件に対応することができず、さらに困ったことには、修理を行うことができませんでした。

エンドレスハウザーのソリューション

シンガポールのエンドレスハウザーは、単一窓口となるプロジェクトマネージャを任命しました。各流量計の校正プログラムには、以下が含まれます。

  • 取外しおよび化学洗浄

  • 最初の点検および実際の作業を行うべき場所の特定

  • 適切な基準に対する校正

  • 必要に応じて、修理および調整

  • プラント記録用の校正資料作成

  • 予定されたスタートアップに間に合うように生産ラインに再設置