ボイラー給水のケイ酸塩を監視して、コストを削減

CA71 SIアナライザによる連続モニタリング

発電所の高効率の蒸気タービンは腐食、浸食、蒸着の問題に直面しています。いくつかの要因が蒸着の問題を深刻化させています。タービンの損傷を防止するためには、給水蒸着の効率的なコントロールが必要です。

高信頼性のケイ酸塩モニタリングによるコスト削減 ©Endress+Hauser

特徴

  • コスト削減の可能性:タービン交換または修理のコスト

  • 即時:蒸気タービンの効率および能力が向上

  • 長期的:発電の全体的なコストを削減

お客様が抱えている問題

ケイ酸塩濃度などの給水品質パラメータの監視を続けることで、腐食や蒸着の問題を抑制またはコントロールできます。ケイ酸塩は腐食の原因物質ではないものの、これによってボイラーやタービンに極めて硬くて高密度の薄片が形成され、熱伝導効率の低下、タービンブレードの不具合といった機械的な故障のリスクが高まります。その結果、コストのかかるタービンの修理または交換につながることがあります。

重要な監視パラメータであるケイ酸塩

そのため、ケイ酸塩は監視すべき重要な制御パラメータとなります。溶解したケイ酸塩はイオン化しにくく、導電率測定では検知が困難です。高精度で測定するためには、ケイ酸塩専用のアナライザが必要です。復水に含まれるケイ酸塩は、空気混入の問題またはコンデンサ漏えいの可能性があることを示します。