製油アプリケーション

信頼性を向上しアラーム数を削減

製油所のレベル測定アプリケーション ©Light&Magic - shutterstock.com

この文書の目的は、高圧および高温のアプリケーションに特別に対応していないレベル計の冗長化によりアラーム数を減少する方法についての説明です。気相補正(GPC)機能は、ガイドレーダー(GWR)の高精度なレベル読み取りを実現するために必須の機能です。高温または高圧が発生するアプリケーションに設置された気相補正機能を持たないガイドレーダーの精度には、極性ガスの存在も影響します。

多様性冗長

高圧プロセスタンクにおいて偏差アラームが発生したことはありませんか?多くの高圧容器ではレベル測定の冗長化が行われており、複数のレベル表示を提供して安全性を確保しています。一般には、異なる測定技術の複数の機器による「多様性冗長」が採用されています。1つの測定技術に影響を及ぼすプロセス条件は他の技術には影響を及ぼさないため、信頼性の高いレベル測定が少なくとも1つの測定技術機器によって提供されます。