コスト削減と透明性の実現

校正管理によりプラント稼働率が増大

エンドレスハウザーとの結果ベースの校正契約を締結し、操作を単純化したことにより、このフランスの大手バイオテクノロジ プラントは労力と校正コスト全体を大幅に削減しました。 校正時間も短縮され、プラントのプロセス稼働率も上昇しました。

校正管理、コスト削減、透明性の実現、流量計、プラント稼働率 ©Endress+Hauser

特長   

  • 3年間で校正費用全体を大幅削減

  • 校正時間を10%短縮し、プロセス可用性を向上

  • 内部リソースにより費やされていた時間の80%以上をコアビジネスに再割当て

  • 実施された作業の管理における完全な透明性を保証

お客様の抱えていた課題

この現場はいくつかのビジネスユニットから構成されています。独立した運転および個別のリソースのため、現場で使用されている1,000台以上の機器の校正に関する内部管理は効率的ではありませんでした。コスト管理なし、外部業者の資格や能力等の管理なし、内部リソースの最適化なし、現場全体で複数の規格が使用されていたなどの問題がありました。

エンドレスハウザーのソリューション

エンドレスハウザーは、この現場で稼動しているほぼ全ての機器の校正プロセス全体を管理する責任を引き受けました。結果ベースの契約の範囲内で以下を設定し、現在運用中です。

  • 現場全体を通じた共通の規格およびプロセス

  • 集中化された調整およびワークフロー管理

  • 作業負荷変動に適合させるためのリソース共有

  • 定期的にレポートミーティングを開催

  • 適切なKPIを使用

  • 継続的な改善アプローチ