最新化による競争力の強化

大規模な石炭火力発電所において在庫を最小限に抑制

ドイツ最大級の石炭火力発電所から、当初は在庫を最適化するためのソリューションについて(2006~2008年)、第2段階ではプラントの最新化を計画するために(2008~2012年)、エンドレスハウザーにお問合せがありました。

レベルスイッチ Liquiphant による 漏れ検知および水素冷却発電機の保護 ©Endress+Hauser

特長   

  • コスト節減:68%の在庫削減(214品目から69品目)

  • 測定技術の最新化によるオートメーション

  • メンテナンスの簡素化

  • ロジスティックの簡素化

  • プラント稼働時間:オペレータはより迅速にプラントメンテナンスチームのサービスを受けることが可能

お客様が抱えている課題

お客様は膨大な量の伝送器や電子機器を使用しており、これを最小限に減らすことを希望していました。機器ベンダーはさまざまなため、お客様は非常に多種の機器を大量に在庫として持たなければなりませんでした。在庫の最適化がプラントの優先事項であるとともに、70年代に導入された制御技術を最新化する必要がありました。お客様には、6年間に及ぶプロジェクトの各段階において支援を提供する信頼できるパートナーが必要でした。

エンドレスハウザーのソリューション

エンドレスハウザーは、プロジェクトの第1段階で機器の種類を削減するための対策リストを提案しました。

  • 30年以上前のさまざまな圧力・差圧ベンダーのカタログや、時には伝送器のカタログを収集

  • カタログの情報をお客様のデータリストに入力

  • 代替となるエンドレスハウザー製伝送器のリストを作成

  • 伝送器の種類を削減するための一連のシナリオの優先順位を決定

  • Cerabar S / Deltabar Sの技術的特長を活かしたシナリオを採用