水処理プラントが高いプラント可用性を獲得

EPCはメンテナンス契約により目的を達成

インド最大のEPC事業は、分析パネルのフル設計、納品、設置に加えて、巨大廃水処理施設に設置された全分析計のメンテナンス管理を実行するパートナーとしてエンドレスハウザーを選択しました。包括的な年間メンテナンス契約が11年間にわたって締結されました。

フィルタボックスの濁度測定パネル ©Endress+Hauser

特長   

  • 重要な場所での一貫した品質測定により飲料水の安全性を保証

  • 100%のプラント可用性とあらゆる場所の全分析計が24時間365日いつでも正確な測定を実現

  • 最適化された化学処理とエネルギーにより水処理プラントの効率性を向上

  • プラントの可用性が向上

  • 長期管理契約により安全でコスト効率の高いメンテナンスを実現

お客様の課題

このEPCは日に380MLの水処理能力を持つ国有プラントを運営し、人口が集中したインド大都市の22箇所に広がる227個の水質分析計を、設置箇所が多すぎるためリアルタイム水質モニタリングではなく、ランダムにチェックするパートナーを探していました。請負業者は潜在的なパートナーに対して、必要な実績ある技術的能力に加えて、100%の可用性と長期にわたる正確な測定の両方の保証を要求しました。

エンドレスハウザーのソリューション

年間メンテナンス契約には以下が含まれます:

  • 毎月の訪問をカバーする予防メンテナンス計画

  • 分析パネルの毎日のメンテナンス

  • 機器のスペアおよび消耗品の在庫を現場で管理

  • 試薬と標準液のタイムリーな再注文

  • パネル、ホルダ、ポンプなどの付属品の管理サービスプロバイダ

  • お客様のSCADAシステム上での正確なデータ可用性を保証

  • W@M ポータルでインストールベースのデータのメンテナンスと管理

  • プラント保全監督者との月例報告会