安全計装ループの最適な管理

熱輸送システムネットワーク管理の委託

VWS Pipeline-Control社は、Warmtebedrijf Rotterdam社から設備のメンテナンスを委託され、常に利用可能な状態に維持しています。このパイプラインによって、温水が地域暖房ネットワークの事業者に輸送され、そこからロッテルダム地域の数千件の家に分配されます。VWS Pipeline-Control社は、同社の安全計装ループのメンテナンスにおいてエンドレスハウザーと緊密な連携を図っています。

WS Pipeline-Control社とともに熱輸送ネットワークの作業委託 ©WS Pipeline-Control

主な利点 

  • メンテナンス計画および定期的な機能証明試験の実施により、安全計装システムの安全性およびプロセスの可用性が向上

  • ロッテルダム市に必要な温水を常時供給

  • 広範かつ詳細なレポートを提供

WS Pipeline-Control社と協業して熱輸送システムネットワークの管理業務を受託

最適な運用プロセスを導入したことが証明されました。

Marc van den Heuvel氏, Installatiebeheerder Pipeline Control
VWS Pipeline-Control社

安全確保、損傷防止、環境保護

VWS Pipeline-Control社では、安全が最優先事項です。オランダでは数百キロメートルにおよぶパイプラインを使用して、ガスや液体が都市部や農村部に輸送されています。そこで使用されている機器仕様や能力に変更があると、パイプラインを損傷させ、人々を危険にさらす可能性があります。そのため、メンテナンスを最適に計画することが非常に重要です。

要求される安全計装ループの安全度水準(Safety Integrity Level、SIL)を達成するには、安全計装ループ内のすべての機器を、適切な評価によって適時にチェックする必要があります。この評価は、アプリケーション要件に応じて異なり、完全な機能証明試験または部分的な保証試験のいずれかとして定義されます。

     

機能証明試験は、異なる3カ所で実施され、このとき合わせて22のSILループが試験されました。1つの入口SILループは、2つの圧力伝送器、PLC、ポンプ(1oo2等級)から成ります。出口SILループは、3つの圧力伝送器、PLC、ポンプ(2oo3等級)から成ります(図示のとおり)。