インライン測定によりラボ分析を補完

インライン計装により生産ダウンタイム、仕様外の製品、手動サンプリングを削減

食品・飲料産業のラボ作業員はプラントのラボで分析用のプロセスサンプルを手動採取しています。 ©Endress+Hauser

現在、食品プラントでは製品品質を保証するため、さまざまなプロセスポイントで手動採取したサンプルのラボ分析に依存しています。ラボ分析の問題は、リアルタイムで実施されないこと、時間と手間がかかり、手作業によるミスの余地があるということです。ここでは、ラボ試験の代替として、測定のスピードアップ、即時の是正措置の実施、品質管理システムの自動化を実現するために、オンライン品質管理で計装機器を活用する方法の事例をご紹介します。

品質の最適化とスループットの向上

最新のインラインプロセス分析計および機器は、従来ラボで行われていたさまざまな測定の代わりとなる、あるいは補完することが可能であり、高い信頼性を発揮します。オフラインからインライン測定に切り替わると手動サンプリングや分析が不要となり、ラボ費用が削減されます。また、測定プロセスの自動化により一貫性がもたらされます。インライン測定ではリアルタイムで結果が得られるため、オートメーションシステムはプロセスパラメータを継続的に調整して、品質の最適化とスループットの向上を図ることができます。