粘性のあるアスファルトの高精度の積み込み

GRISARD BITUMEN AGはPromass Q 500を信頼しています

GRISARD BITUMEN AGは高品質のアスファルト系接着剤を開発、精製、販売しています。BITUTANK AGに船で運び込まれた標準アスファルトは、添加剤によりポリマー改質ビチューメン(PmB)に精製されてから鉄道またはタンク車で顧客に輸送されます。タンク車への積み込みに、GRISARD BITUMEN AGはトラックスケールと新しいPromass Q 500コリオリ流量計を使用します。この流量計は、時々ガスを放出するアスファルトを、これまでにない正確さで測定できます。.

スイスにあるBITUTANK AGのアスファルト積込ステーションの写真 ©Endress+Hauser

アスファルト積込ステーション(BITUTANK AG、Auhafen Muttenz (BL)、スイス)

懸濁気泡または微小気泡が含まれるアスファルトなどの流体測定用Promass Q 500の写真 ©Endress+Hauser

懸濁気泡または微小気泡が含まれるアスファルトなどの流体の高精度測定を実現するProline Promass Q 500(Swiss Technology Award受賞)

効果   

  • 測定エラーが最大8%から0.1~0.2%までに削減

  • Webベースのデータ処理によるプラント可用性の向上

スイスにあるBITUTANK AGのアスファルト積込ステーションの写真

何年もの関係により、私達はエンドレスハウザーが高いスキルを持つ信頼できるパートナーであることがわかりました。サービスエンジニアとの非常に緊密で良い協力関係が特に決定的でした。

Mr. Eduard Martini, Managing Director
BITUTANK AG, GRISARD BITUMEN AG(スイス)

お客様の抱えていた課題

トラック積み込み装置の写真 - BITUTANK AG ©Endress+Hauser

タンク車に充填されたアスファルトの量は、以前はトラックスケールと別のタイプのコリオリ流量計を使用して測定されていました。しかし、粘性の高いアスファルトのガス放出プロセスにより、この古いコリオリ流量計はトラックスケールと比べて最大8%の測定誤差がありました。流量測定点はシステムに依存してポンプの吐出側と吸入側の両方に設置されるため、ガス放出プロセスは圧力変動により標準的に起こります。

エンドレスハウザーのソリューション

アスファルトアプリケーションにおいては、粘性のある流体に対して最高の積み込み精度を保証し、プロセス圧力およびガス含有量の変動に影響を受けない流体測定技術(つまりPromass Q 500)を探す必要がありました。
プラント可用性の向上の必要性に基づくもう一つの要件は、すべての測定データをWebベースのクラウドソリューションを使用して保存、評価、および取得可能にすることでした。

Proline Promass Q 500

古いコリオリ流量計の代わりに、ガス放出をしないアスファルトの完璧な測定結果を提供するPromass Q 500 は、特にアスファルト積込ステーションに設置されました:
– プロセス圧力およびプロセス温度の変化の影響を受けない測定
– カスタディトランスファーや請求などの商取引のための優れた性能
– 懸濁気泡または微小気泡が含まれる流体の信頼性の高い測定を実現する特許取得の「マルチ周波数テクノロジー」(MFT)

カスタマイズされたIIoTソフトウェアソリューション

©Endress+Hauser

クラウドを使用したWebベースのデータ検索と評価用に、Endress + Hauserは特別に調整されたIIoTソフトウェアソリューションを開発しました:
– 現在のまたは以前の積込プロセス全体のすべての測定データに世界どこからでもアクセス
– 評価オプション(例:プロセスおよび/または質量、体積、密度、温度などの品質パラメータの傾向分析)
– キャビテーション、付着、または腐食などによるプロセスおよび/または装置の変化を確実に検出するHeartbeat Technology