エンドレスハウザーグループのサステナビリティレポート

エンドレスハウザーのサステナビリティ

サステナビリティの考え方は、当社のファミリー企業としての文化に深く根ざしています。当社の目標は、経済的成功と環境的および社会的責任を結びつけることです。サステナビリティレポートは、当社がこの目的に沿ってさらに進歩するための助けとなります。

エンドレスハウザーのサステナビリティ ©Endress+Hauser

サステナビリティレポート

当社はサステナビリティを、経済的、社会的、環境的側面を包括する全体的な概念として捉えています。この三つの側面は深く相互に関連し影響しあっています。当社が社会的および環境的側面を果たすことができて初めて、当社は長期的な経済的成功を収めることができます。その一方で、経済的成功を収めた企業だけが環境的および社会的責任を行使できます。

     

2014年、エンドレスハウザーは包括的なグループ全体のサステナビリティレポートのための基礎を作成しました。その間に、グループ全体の基礎となる主要指標を捉えるために、対応する内部構造とプロセスを作成しました。その成果と調査結果から、当社の新しいStrategy 2020+にサステナビリティに深く関連したさまざまな方針を取り入れました。

     

さらに、エンドレスハウザーは当社のビジネスプロセスのサステナビリティの年毎の検証にEcoVadis監査を利用しており、その結果に基づいて自社の成功を評価しています。当社の目的は、監査対象企業の上位25パーセントに入ることです。お客様および従業員への定期的なアンケートから良い結果を生み出すことも、将来的な戦略目標の1つです。

     

このデータを売上成長、売上利益率、自己資本比率などの経済指標と組み合わせることで、会社の発展の全体像を把握できます。

当社のサステナビリティレポートはこちらからダウンロードできます

お問合せ