2 文字以上を入力して検索を開始してください。

リファレンスメータの可用性向上

外部管理が運用品質を向上

エンドレスハウザーは、このフランスのバイオテクノロジプラントがリファレンス機器の管理を実施するための単一窓口です。不適合機器の大幅な削減を達成することで、運用品質が向上しました。リファレンス機器の可用性向上と老朽化管理により、このプラントは生産性を増大させました。

校正管理、運用品質、リファレンスメータの可用性向上 ©Endress+Hauser

年間100台以上のリファレンスメータが管理および校正されています。

特長     

  • 不適合機器に費やす管理時間を10分の1に短縮

  • 全体的なコストを大幅に低減

  • 90%超の可用性を達成

  • 最適化されたコストでサービス品質を向上

お客様が抱えていた課題

100台のリファレンス機器の校正の内部管理には、自律的なビジネスユニット内の分散化組織だけでなく、20の校正サービスプロバイダも従事していました。校正仕様の標準化および協調がなく、スタッフは期限管理に苦労し、付加価値のない行動によって多くの時間を失ってきました。その結果、リファレンスメータは年間で平均2ヶ月以上利用できませんでした。

エンドレスハウザーのソリューション

エンドレスハウザーは、以下を含むリファレンス機器の校正プロセス全体を管理する責任を引き受けました。

  • 現場の要件にあわせた機器可用性を保証するプランニング

  • 下位納入業者の資格認定および管理

  • サービスに関する完全なロジスティクス

  • 納入業者から受け取ったデータの確認

  • 確認されたドリフトのフォローアップ