エンドレスハウザーグループ

ニュース

イベント情報

エンドレスハウザーの世界へようこそ!

サービスサポート

E-direct ショップ

E-direct 製品とは機能を厳選して、コストを抑えた製品群です。仕様選定が容易でシンプル、お値打ち価格でもエンドレスハウザーの確かな技術の製品がインターネットからもご注文いただけます。 下記リンクより、E-direct 製品の専用サイトにアクセスください。

E-direct ショップ

冷却システムのためのスマートエネルギーソリューション

効率を監視することで冷却システムの性能を改善

冷却エネルギーは多くの産業において、総エネルギーコストの中で非常に大きな割合を占めています。このため、エネルギー消費量を少し減らすだけでも大幅なコスト削減につながります。効果的な測定を行うには、様々な動作条件でのシステム特性を知っておくことが前提条件となります。エンドレスハウザーのスマートスケールエネルギーソリューションは、お客様のコスト削減をお手伝いします。

1. 冷却システムの効率

冷却効率を評価するには、全システムコンポーネントの影響度を数値化し、それを計算に含める必要があります。モニタリングは次のことを行うのに役立ちます。理想的な作業点でのシステムの評価および実行。システムの効率のベンチマークテスト。メンテナンス要件の指摘。

2. システムの漏れ

常時モニタリングを行うことで傾向を検出し、発生しつつあるエラーを顕在化することができます。吸引圧力と排出圧力のモニタリングによる冷媒の漏れの検出はその好例です。
• 途切れや漏れを検出し、解消することにより、システムを高い信頼性のもとで効率よく実行し、システムの寿命を延ばす

  • 漏れによるシステムトラベルの発生を回避する

  • メンテナンスや予定外のダウンタイムを減らす

3. エネルギー消費量

製品単位あたりまたは1 m³および1年あたりの冷却エネルギー消費量を厳密に測定することは、システムの効率評価と生産プロセスの最適化に欠かせません。このデータを分析することにより、コストに重大な影響を与える負荷を明らかにすることができます。さらに、そのデータは二酸化炭素排出量の評価に使用できます。

個別分析が必要

効率よく冷却するには、効率的なコンポーネントを揃えるだけでは不十分です。効率よく冷却できるかどうかは主にシステムの設定・運転で決まります。冷却システムはカスタムエンジニアリングによるシステムであることが多いので、理想的な作業点を見つけるには需要・供給側の個別分析が必要です。
次の項目を評価するのに役立つ適切なKPIを定義します。

  • 1. 冷却システムの効率

  • 2. システムの漏れ

  • 3. エネルギー消費量


これはエネルギー管理とコスト削減の前提条件です。

  • 冷却システムに設置されたプロマグ 50 ©Endress+Hauser
  • 冷却システムに設置されたセラバー S ©Endress+Hauser
  • 冷却システム - プロワールによる窒素流量計測 ©Endress+Hauser
  • 冷却システムのためのスマートエネルギーソリューション ©Endress+Hauser
  • ©Endress+Hauser

お問合せ

エンドレスハウザー ジャパン株式会社
府中市日新町 5-70-3 183-0036 東京都 , 日本
電話: 042-314-1911
ファックス: 042-314-1951
メールの送信 www.jp.endress.com

関連情報

  • ArcelorMittal Zenica in Bosnia and Herzegovina produces hot rolled products (rebars, wire rods, mesh, lattice girders, classic construction armatures) mainly for the Balkan, EU and North African markets.

オンラインツール