エンドレスハウザーグループ

ニュース

イベント情報

エンドレスハウザーの世界へようこそ!

サービスサポート

E-direct ショップ

E-direct 製品とは機能を厳選して、コストを抑えた製品群です。仕様選定が容易でシンプル、お値打ち価格でもエンドレスハウザーの確かな技術の製品がインターネットからもご注文いただけます。 下記リンクより、E-direct 製品の専用サイトにアクセスください。

E-direct ショップ

コスト節減に役立つ設備改善

無線技術を使ったベアリングの損傷を検知するための温度監視

プロセスが最適なレベルで稼働しているか確認することはどの企業でも関心があります。製造システムが停止する事態が発生すると、修理の費用だけでなく、機会損失など結果としてかなりの損害を招く可能性があります。Ilsenburger Grobblech GmbH社は、ロールネックベアリングの温度の記録を、WirelessHARTを使用することで短時間で実装し、プラントの可用性を最適化することに成功しました。

  • WirelessHARTにより全フィールド機器
を容易に統合 ©Endress+Hauser

結果    

  • ベアリングの摩擦損傷を検知

  • 予知保全の導入

  • 非常に高価なベアリングの摩擦保護

  • Ilsenburger Grobblech GmbH
    Ilsenburger Grobblech GmbH社は、ロールネックベアリングの温度の記録を、WirelessHARTを使用することで短時間で実装し、プラントの可用性を最適化することに成功しました。

    Ilsenburger Grobblech GmbH

©Endress+Hauser

お客さまの抱える課題

Ilsenburger Grobblech社の四重式圧延スタンドは、鋼スラブを直接再形成する2本の作業ロールと転造圧力を作業ロールに伝達する2本のバックアップロールで構成されています。四重式圧延スタンドの最大圧延荷重は80,000 kNです。この使用環境は、ロールネックベアリングにとっても非常に厳しいものです。ロールネックベアリングは、上部および下部バックアップロールの作用側と駆動側にあります。このベアリングはMorgoil® 摩擦ベアリングと呼ばれています。

潤滑油管でMorgoilベアリングに必要な潤滑剤の供給を行います。この管路の入口と出口では、温度を監視する必要があります。この温度差が大きくなった場合、これはベアリング内部の摩擦が増加していることを示すものであり、損傷につながる可能性があります。しかし、圧延スタンドの周囲の条件では、必要な温度センサをしっかりと配線することは困難です。

Endress+Hauser のソリューション

温度測定のために、溶接サーモウェルと交換可能な変換回路付きのTR15測温抵抗体が使用されました。これらは、過酷な産業アプリケーションにおいて、すでに多くの使用実績があります。各温度センサには、WirelessHART規格に基づいて無線データ伝送を可能にするアダプタが取り付けられました。設置スペースの制約および無線通信が制限される可能性があることから、温度センサにアダプタを直接取り付けることは推奨されませんでした。

アダプタはデータ伝送だけではなく、接続された機器にアダプタ内蔵のバッテリーから電源を供給します。

ソリューションの詳細

各アダプタが伝送器およびレシーバーとして働き、直接の無線通信が不可能な場合でも、データは確実にWirelessHARTゲートウェイに伝送されます。WirelessHARTゲートウェイはWirelessHARTネットワークの中央アクセスポイントとして 通信を管理します。ゲートウェイが自動的にネットワークの通信パスとデータパケットの回数を割り当てます

     

つまり、新しい測定点を容易に組み込むことができます。ゲートウェイからModbus RTUを介して送られた測定値はMemograph RSG40グラフィックデータマネージャに表示され、ここからさらに下流の制御システムに転送することもできます。8 つの測定値を監視できます。値が設定された閾置を超えると、制御システムを介してアラームが実行されます。

利点    

このソリューションは、設置および設定の手間をほとんどかけずに潤滑剤の温度を測定することで、摩擦ベアリングの危急な損傷を検知することができ、予知保全は予測できる変数を基に実施されます。このタイプの摩擦ベアリングは、取付け/取外しの時間や生産を中断する時間を考慮すると不良の発生は大きな損失をもたらします。

お問合せ

エンドレスハウザー ジャパン株式会社
府中市日新町 5-70-3 183-0036 東京都 , 日本
電話: 042-314-1911
ファックス: 042-314-1951
メールの送信 www.jp.endress.com
オンラインツール