エンドレスハウザーグループ

ニュース

イベント情報

エンドレスハウザーの世界へようこそ!

サービスサポート

E-direct ショップ

E-direct 製品とは機能を厳選して、コストを抑えた製品群です。仕様選定が容易でシンプル、お値打ち価格でもエンドレスハウザーの確かな技術の製品がインターネットからもご注文いただけます。 下記リンクより、E-direct 製品の専用サイトにアクセスください。

E-direct ショップ

発酵プロセスの安定したインラインpH測定

ラボから製造まで、バイオテクノロジープロセスを目的とした最先端pHセンサを活用

pH値は細胞が正常に成長する環境を制御するために不可欠なパラメータです。各細胞株には、効率的に増殖する最適なpH範囲が存在します。エンドレスハウザーは、ラボから大規模な製造現場まで、一貫した信頼性の高い計測が可能なデジタルpH測定を提供することでお客様のプロセス効率を向上し、品質管理室などの屋内でもpHセンサの操作や校正を容易に行えるようサポートします。

バイオリアクターでの測定の信頼性

©Endress+Hauser

発酵における特定のプロセス条件や滅菌プロセス(SIP)のため、pH電極はpHドリフトが起こらないよう最適化される必要があります。たとえば、有用性が実証されているエンドレスハウザーのバイオテクノロジーpHセンサは、加圧チャンバを使用することによってタンパク質によるダイアフラムの詰まりを防止すると共に、多数のSIPサイクルの堅牢性においても高い実績を残しています。

メモセンステクノロジーを用いたデジタルデータの伝送により、測定の信頼性が向上し、非常に効率的な校正が可能になります。

開発ライフサイクルを通したデータの一貫性

Sartorius

エンドレスハウザーのエキスパートは、ラボとプロセス環境両方での性能拡張と使い易さの向上を目指し、モジュール式パッケージで提供されるバイオテクノロジーに実証のある機器を継続的に開発しています。ラボと製造プロセスで同じテクノロジーを使用することにより、製品品質の不一致のリスクを最小限に抑えます。USP<87>に準拠した生体適合性と無細胞毒性を保証するため、センサは動物質を100%含まない素材で製造される必要があります。

分析用センサ校正の向上

プラグアンドプレイ機能により、メモセンスセンサを室内の安定した条件で校正してから、製造プロセスへ迅速に再接続することができます。

©Endress+Hauser

MemobasePlusとMemolinkは、明瞭な校正結果だけでなく、トレーサブルな校正資料やレポートを提供します。

  • 時間短縮

  • センサ寿命の延長

  • 校正作業の最適化

  • 品質管理のためのトレーサビリティとコンプライアンス

バイオリアクター - 測定ポイント

オンラインツール