エンドレスハウザーグループ

ニュース

イベント情報

エンドレスハウザーの世界へようこそ!

サービスサポート

E-direct ショップ

E-direct 製品とは機能を厳選して、コストを抑えた製品群です。仕様選定が容易でシンプル、お値打ち価格でもエンドレスハウザーの確かな技術の製品がインターネットからもご注文いただけます。 下記リンクより、E-direct 製品の専用サイトにアクセスください。

E-direct ショップ

複雑な使用条件でも正確な液位測定を実現

厳しいバイオリアクター条件にも対応する、信頼性の高い技術

バイオリアクター内での液位測定は、適切なプロセス自動化の実現に最も重要な測定変数の1つです。液位をモニタリングし、ヘッドスペースを制御する必要があります。曝気や攪拌によって立つフォーム(泡)が通気ラインを貫通してフィルタをふさぐことのないようにする必要もあります。またそれ以上に、リアクターのサイズや温度ショック(CIP-SIP工程によるもの)、液体密度の変化は、適切な機器または測定原理を選択する際に考慮すべき重要項目です。

様々な液位測定技術

©Endress+Hauser

高度な発酵槽の用途では、レーダー、ガイドレーダー、または静圧測定が最も一般的です。
ただし、次のような各種パラメータを考慮に入れなければなりません。レベル測定にどの技術を用いるのか選択する際に、これらのパラメータが直接的な影響力を持つからです。エンドレスハウザーでは通常、容器が小型の場合はガイドレーダーを推奨しています。容器が大型の場合は、温度補償が迅速に行われるように静圧測定を推奨しています

  • リアクター(反応槽)のサイズ

  • 温度

  • 攪拌速度

  • フォーム(泡)の有無

適切なエンジニアリングのためには複数のパラメータを考慮

©Endress+Hauser
  • タンク(容器)のサイズおよび形状

  • 撹拌器の位置、設計、および撹拌速度

  • 排液性と洗浄性

  • センサの堅牢性

  • 配管またはプロセス接続

  • 温度および圧力によるショック

  • スプレーボールの設計および運転条件

  • 被測定物の密度または粘度

オンラインツール