エンドレスハウザーグループ

ニュース

イベント情報

エンドレスハウザーの世界へようこそ!

サービスサポート

E-direct ショップ

E-direct 製品とは機能を厳選して、コストを抑えた製品群です。仕様選定が容易でシンプル、お値打ち価格でもエンドレスハウザーの確かな技術の製品がインターネットからもご注文いただけます。 下記リンクより、E-direct 製品の専用サイトにアクセスください。

E-direct ショップ

濃度のモニタリングでCIPを最適化

Endress+Hauser製導電率センサで正しい添加量を守ることで、洗浄剤コストを30%も節約可能

完全なタイミングベースのCIPシステムにおける課題は、システム内への洗浄剤の添加によってループ全体は必要な濃度に達したと仮定し、設定した時間周期で洗浄するという、推測に頼った作業が行われているということでした。洗浄が完了したことを保証するには、時間や濃度に関して安全マージンを取らなければなりません。リターンライン内の導電率センサは、設置が容易で濃度の正確な調整を可能にします。そして、ループ全体が確実に必要な濃度レベルに達します。

導電率の測定を利用して資源を節約

©Monty Rakusen/Cultura Images RF/Strandperle

リターンラインおよび調整タンクでの導電率測定により、ループ全体が必要な濃度レベルおよび最適な洗浄条件に達したことを保証するために、濃度パーセントを直接計算できます。化学薬剤の使用量が削減され、洗浄時間が最適化され、CIPループを適切な温度に保つために必要なエネルギー量が減少します。切替えの迅速化と洗浄剤の使用量削減により必要な水量が減少し、その結果、省エネと水処理の省力化につながります。

ハイジェニック導電率センサで洗浄性を保証

新しい機器を選定する場合、ますます多くの食品加工会社が、サニタリデザインガイドラインに準拠し、推奨される3-AおよびEHEDG認定機器を求めるようになっています。しかし、変化する条件下で測定するには(高温および低温、pH、導電率)、3-AおよびEHEDGサニタリデザイン要件にも適合する、堅牢性の高い導電率センサを使用することが重要です。これにより、最高レベルの衛生安全性が提供され、堅牢性の高いPEEKセンサ材質が採用されている場合はFDAおよびEN 1935/2004要件を満たします。

測定ポイント

成功事例

お問合せ

エンドレスハウザー ジャパン株式会社
府中市日新町 5-70-3 183-0036 東京都 , 日本
電話: 042-314-1911
ファックス: 042-314-1951
メールの送信 www.jp.endress.com
オンラインツール