エンドレスハウザーグループ

ニュース

イベント情報

エンドレスハウザーの世界へようこそ!

サービスサポート

E-direct ショップ

E-direct 製品とは機能を厳選して、コストを抑えた製品群です。仕様選定が容易でシンプル、お値打ち価格でもエンドレスハウザーの確かな技術の製品がインターネットからもご注文いただけます。 下記リンクより、E-direct 製品の専用サイトにアクセスください。

E-direct ショップ

効率を重視

現代建築と持続的エネルギーコンセプトを融合させた技術センターをドイツ ゲーリンゲンに設立

エンドレスハウザーは、水質分析専門の技術センターの拡張、再建工事に2500万ユーロを投じました。工事は三つの段階に分けて進め、製造エリアの拡張、近代的なオフィス、研究施設、研修や会議エリアをドイツ ゲーリンゲンに完成しました。「環境分野で活動している企業として、私たちは建築工学における最新技術を取り入れた建築物を通してメッセージを伝える必要があると感じました」とエンドレスハウザー コンダクタ社社長の Dr. Manfred Jagiella は述べています。

  • エネルギーモニタリング ©Endress+Hauser
  • エネルギー概念の中心要素 ©Endress+Hauser

ヒーティング、クーリング、電力

この建物の主軸となるのがバックアップ用の発電機(特にコンピュータセンター用)を兼ねた熱電併給プラントです。天然ガスユニットは223キロワットの電力を発電する他、335キロワットの熱を発生させますが、この熱を必要な時に冷却用に切り替えることができる特別な機能を備えています。コンパクトな吸収冷却器が研究開発プロジェクトの過程で、まさにこの目的のために開発されていました。パイロット的な導入を選択したことによりエネルギー効率が大幅に向上しました。

サーモアクティブ ビルディング システム

コンクリート天井や床にめぐらされた配管は、建築部材を冬は集熱器として、夏は冷却器として機能させるため、冷暖房に必要なエネルギーを削減しています。外気は地中熱交換器- 地盤に埋設された直径がそれぞれ1.40メートルの六本の長い管 -を通じてビルに送られます。わずか数℃差が大きな影響をもたらします。 エネルギーコストをエネルギーニーズに一致させた状態に下げることができます。

生きている屋根

広大な屋上の緑化は人目を引くためのものではありません。植物は雨水をたっぷり吸収するため、建物内の環境を改善し、公共下水道システムの負荷を緩和します。屋上はビオトープなのです。

インセンティブと義務

エンドレスハウザー コンダクタ社は、エネルギーマネジメントシステム(ISO標準50001)を最初に取得した企業の一つです。この施設はその一貫したエネルギー最適化を評価され、ドイツのMinistry of Business and Technology(ビジネス・技術省)よりエネルギー効率化の賞を授与されました。

お問合せ

エンドレスハウザー ジャパン株式会社
府中市日新町 5-70-3 183-0036 東京都 , 日本
電話: 042-314-1911
ファックス: 042-314-1951
メールの送信 www.jp.endress.com
オンラインツール