エンドレスハウザーグループ

ニュース

イベント情報

エンドレスハウザーの世界へようこそ!

サービスサポート

E-direct ショップ

E-direct 製品とは機能を厳選して、コストを抑えた製品群です。仕様選定が容易でシンプル、お値打ち価格でもエンドレスハウザーの確かな技術の製品がインターネットからもご注文いただけます。 下記リンクより、E-direct 製品の専用サイトにアクセスください。

E-direct ショップ

財務成績

通貨変動による売上成長への影響と収益の圧迫が認められた2015年

エンドレスハウザーは、2015年の最終的な会計報告書を作成しました。しかし、計測およびオートメーションエンジニアリングの専門会社である同社は、その事業展開状況に満足していません。スイスを拠点とする同グループは、現地通貨では売上成長をほとんど達成していません。外国為替相場の影響がさらに収益を圧迫しました。

グループの連結売上高は6.5%増加して、21億ユーロを超えました。CFOを務めるDr Luc Schultheissが指摘したように、外国為替相場の変動の影響によって成長は後押しされました。「すべての基軸通貨はユーロに対して価値を失いました。現地通貨の観点からすれば、売上成長はわずか0.7%です」。スイスフラン(持株会社の実際の報告通貨)では、売上高は6.6%下落しました。

中国における経済変革と低い原材料価格

事業は中国の経済成長の減速と原材料価格、特に原油価格の低下による影響を受けました。「中国における原材料およびエネルギー需要の下落は、環太平洋から東南アジア、南米までの多くの国々にマイナス影響を及ぼしました」とMatthias Altendorf CEOは説明します。政治的な危機と経済の不安定性は、世界中で投資に対する熱意に水を差しました。

新しい事業分野が順調に成長

CEOによると、食品&飲料、水処理&廃水処理、ライフサイエンスなどの消費者志向で非循環的な産業が2015年には順調に発展しました。サービスおよび包括的なオートメーションソリューション事業は高い成長率を達成しました。また、分析の分野も平均以上の伸びを示しました。「これは、ラボ分析市場に進出する一方で、プロセス分析事業を強化するという当社の戦略を裏付けるものです」

収益は減少するも財務健全性は維持

過度に高いレートによりコストが上昇したため、営業利益(EBIT)は6.3%減の2億5,130万ユーロとなりました。税率がわずかに低下したにもかかわらず、純利益は14.1%減の6,470万ユーロとなっています。売上利益率(ROS)は2.7ポイント減少して、10.9%でした。銀行融資780万ユーロに対して流動資産は3億8,270万ユーロであり、エンドレスハウザーの財務健全性が影響を受けることはありませんでした。自己資本比率は4.7ポイント増加して73.0%に向上しました。

販売および製造部門の大幅な投資

2015年に、エンドレスハウザーは新しい建物と機器のために1億6,610万ユーロを投資しました(前年比31.5%増)。エンドレスハウザーの従業員数は12,952人です(年末時点)。2015年には517人分の雇用が新たに創出され、その内353人はヨーロッパで採用されました。エンドレスハウザーは、2015年に前年より11件多い、270件の特許を出願しました。研究開発費は11.1%増の1億5,970万ユーロとなり、これは売上高の7.5%に相当します。

新しいストラテジーで前進

グローバルな販売および製造のプレゼンス、各種産業の幅広い基盤、包括的な製品、ソリューション、サービスのラインナップなど、すべてが2015年の厳しい事業環境の中でのグループの成功に寄与しました。エンドレスハウザーは新しいStrategy 2020+により、この路線を継続する計画です。Matthias Altendorfは、2016年は前年よりも「さらに厳しくなる」と確信しています。エンドレスハウザーは1桁成長を予測しており、2015年と同水準の収益を維持したいと考えています。

お問合せ

エンドレスハウザー ジャパン株式会社
府中市日新町 5-70-3 183-0036 東京都 , 日本
電話: 042-314-1911
ファックス: 042-314-1951
メールの送信 www.jp.endress.com

関連トピックス

オンラインツール